June 4, 2019

バウハウス創立100周年を記念して、「バウハウスと旭川」展を企画しました。

March 14, 2019

デザイナーズファイル2019に掲載しています。ぜひご覧下さい。

September 28, 2014

都市と自然というテーマの中で国内外のアートが集まり、それらの作品に触れ、考えることで都市と自然の間に立つ自分を意識することができる。人口的な都市の文化や問題・課題、自然の大きさや美しさを同時に味わうことで札幌の魅力を改めて感じることができたし、札幌という街だからこそのテーマと芸術祭でした。日々の仕事に追われる毎日の中でリフレッシュにもなりましたね。

 

March 23, 2013

今見てもおしゃれで、センスの良い物がたくさんありました。車などとてもかっこいいです。現在の工業製品やインテリアのデザインはカリフォルニアつまりアメリカを象徴する場所から生まれその系譜が続いているように感じます。この時の感性を超えられていないとも言えます。このデザインの系譜は爆発的な人口の増加に伴い郊外に家を持ち、車社会となった生活のスタイルの中で大量に生産し売るためのデザインと生産方法、加工技術が発展し、繁栄した時代だと思われます。その流れの先に現代がありますが、現代は成熟し、そして環境問題や人口減などさまざまな新たな問題があります...

March 22, 2013

日本の住宅は、繊細でシンプルで柔らかな質を持っていると指摘されるその一方で、マンションやアパートに代表される住宅は、素材に対する感性もなくアンバランスで悪趣味だという指摘があります。日本の伝統と美意識から隔絶し殺伐とした住空間を見直し、住環境を大きく変えるために日本の家を世界に輸出するという視点から住まいのビジョンを考える展覧会です。日本の家を輸出するという視点は日本の価値を考えることでもあり、世界から見たときの日本の優位性は、千数百年の伝統を携えた、秩序、生活美学、繊細さと緻密さ、簡素美、という美意識の精神性をもった文化にあります...

Please reload

おすすめの記事

HOUSE VISION

March 22, 2013

1/1
Please reload

最近の記事

July 1, 2019

April 1, 2016